スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

F1ハンガリーGP

ネタがないからまたF1のことを。。。
ハンガリーGPの舞台はハンガロリンク。
ホームストレートが800㍍くらいしかなくて他はクネクネ
してて抜きどころがないのが特徴。

予選は結果しか見てないけど、フェラーリのミハエル・
シューマッハが今シーズン初ポールポジションを獲得。
今シーズンは予想もしていなかったフェラーリの苦戦。
ようやく開発が追いついて来たんでしょうか。

ハンガリーGPでは過去に凄いレースがありました。
1997年に行われたレース。
当時はウイリアムズが強く、フェラーリやベネトン、
マクラーレンが後に続く状態でした。
しかしこのレース、終盤まで弱小(失礼w)チームの
「ダンカ・アロウズ・ヤマハ」のデーモン・ヒル氏が
トップを快走しました。

最終盤にヒル氏の操るA18のギアが(確か)2速に
スタックするというトラブルにより当時ウイリアムズの
ジャック・ヴィルヌーブが優勝を飾りました。

お世辞にも速いとは言えないマシン。
パワフルとは言えないエンジン。
しかしあのパッケージでのあの走りは今でも強く覚えています。

ヤマハのエンジンはパワーは少しトップより劣っていたけど、
他のどのエンジンよりも軽いという利点を持っていました。
どこまでをエンジンとするかによって変わってきますが、当時
120㌔㌘程度が主流だったのに対し、ヤマハは違う方向から
開発にアプローチし、100㌔㌘を切っていたはず。
マシン全体の重量バランスを考えるとこういった特徴がこれまた
特徴的なハンガロリンクに合ったんでしょうね。

スポンサーサイト
【2005/07/31 20:24】 モータースポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) |
goto page top
<<"Immer Locker"→"もっともっと" | ホーム | 太陽系>>

コメント

goto page top

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

goto page top

トラックバック


goto page top

rio


08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Links
Search
News

RSS

FC2Ad

new sentiment
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。