スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

読んだ本①:希望格差社会

希望格差社会 「負け組」の絶望感が日本を引き裂く
山田昌弘、筑摩書房、2004年11月発行

うん、前の記事を書いた時には既に読み終えてたのになぁ。
何となく面倒くさくて放置してました・・・w

いくつも本が紹介されている中で、この本は結構読んだって言う
人が多く、レビューも結構あった(この本の単独スレもあったし)
ので読む前に内容はほぼネタバレしてましたよ!

友達とかは結構ノホホンを暮らしているんですが、rioは結構将来に
対して凄く不安を抱いていたので是非読んでみようと。。。
まぁ、書いてあることは特別驚くようなことはないですよね。
普段感じていた社会の不平等さ、不合理さが書いてありましたね。

今は社会状況が大きく変化している時期ですよね。
その影響を受けているのは30代前半までの若い人がほとんど。
年功序列の崩壊とか実力主義と言っても、特に厳しいのは若い人。
上はのうのうと暮らしている。
年金改革や税制改革と言っても、年代が若くなるほど厳しくなるし
お金を持っている人のが優遇を受けるような改悪。
日本の政治は所詮言葉遊び。
こんな状況をみて希望を持てるのはごく少数でしょう。

rioは自分の将来や日本の将来に全く希望を持っていません。
ただ、死ぬのは怖いし、何もしないでいると状況はさらに悪くなる
とも思っているから一応はやれることをやろうと考えています。
今はまだ学生っていう社会から保護された立場にいるけれど、
来年には就職して社会人になる(はず)。
厳しいだろうけど頑張らないとなぁ・・・。

振り返ってみると、自分のこれまでの人生って、この本の内容から
すると下手したら思いっきりヤバい状況になりかねなかったんだと
思った。
生まれた地域(ど田舎w)や、家計とか。。。
でも、幸運にも、自分で「悪くないな」って思える状況にいれた。
多分、親とかは相当苦労してるとは思うけど。
感謝してます。

スポンサーサイト
【2005/07/24 22:28】 | トラックバック(0) | コメント(0) |

本を読もう

これまで全然本読んでませんでした。
国語大嫌いだったしw
でも、多少読書には興味持ってました・・・一応。

きっかけ

就職活動をしていくなかで、いろんな情報収集の手段があります。
そのなかの一つとして2ちゃんねるを見るようになりました。
今では嵌ってしまい最初の目的とは全然違う楽しみ方をしていますw
そこで「就活終わったし本でも読もう」みたいなタイトルのスレを
見て、本でも読んでみようかな?と思いました。

これまでの記事を読んでくれた人いるのかなぁ・・・w
国語が苦手なだけあって文章を書くのは苦手です。
本を読んでいって少しは文章書くのが上手くなればいいな(*'-')

【2005/07/20 11:52】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
goto page top

rio


08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Links
Search
News

RSS

FC2Ad

new sentiment
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。